■ 診療科目

一般診療、各種検査、各種予防
各種手術、鍼灸治療
入院設備完備、往診・予約診療対応

■ 診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター
その他小動物

■ 診療時間

診療時間

■ 休診日

木曜日、日祝午後

■ リンク

大阪府立大学獣医臨床センタ―
大阪市獣医師会

クレジットカード可 わんにゃんドック スタッフブログ アニコム

鍼灸治療CASE: 椎間板ヘルニア

0

    今回は当院で鍼灸治療を受けているミニーちゃんのケースを

    ご紹介したいと思いますdocomo

     

    ミニーちゃんは

    「胸腰部の椎間板ヘルニア」でした。

     

    椎間板ヘルニアは

    ミニチュアダックスやペキニーズ、シーズーなど

    一部の犬種に遺伝的にとても多い疾患で

    特に冬場の発症が多いのも特徴です。

     

    ミニーちゃんは来院時、

    両方の後ろ足が全く動かせない完全麻痺状態

    (椎間板ヘルニアのグレードとしては最も重症)。

    ご家族の希望により

    当院での鍼灸治療がスタートしましたがんばる

     

     

    鍼灸治療中のミニーちゃん↓とってもお利口さんです手

     

    そして、一回目の鍼灸治療後の様子がこちら↓

    *画像・動画の無断転用お断りいたします。

     

    後ろ足はまったく力が入らず麻痺した状態ですが、

    治療前に比べてわずかに腰が上がり、

    しっぽが動かせるようになっています犬

     

     

    その後、鍼灸治療とご家族の懸命なホームケアで

    日を追うごとに足がしっかりしてきたミニーちゃん顔

    治療から1ヶ月後にはなんとか歩けるように・・・ハート

     

     

    そして鍼灸治療10回終了した時の様子がこちら↓

    *動画の無断転用お断りいたします。

     

    さっそうと院内を駆け足移動のミニーちゃん犬

    ヘルニア発症前と変わらない生活に戻れた!

    ご近所さんもびっくりしてます!!

    と嬉しいお声を頂きましたニコッ

     

    ミニーちゃん、よく頑張りました〜キラほし

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    はる動物病院 鍼灸漢方外来のご案内

     

    ◆診察時間について

    毎週水曜・金曜 /第2土曜 (完全予約制)

     

    診察時間は診療内容により異なりますが、

    初回は体質診断のカウンセリングが入りますので

    1〜1時間半ほどかかります。

    直接またはお電話でご予約をお取りください。

     

    ◆診察内容について

    骨関節疾患(椎間板ヘルニア・関節炎)、

    皮膚疾患(アレルギー・アトピー・脱毛など)

    老化による諸症状(認知症・足腰の弱り・冷えなど)、

    腫瘍性疾患、 精神疾患(不安・興奮など)

    その他慢性疾患

    (腎疾患・消化器疾患・膀胱炎・胆泥症・糖尿病・クッシング症候群など)

     

    上記のように非常に多くの疾患が中医学診療の対象となります。

     

    西洋医学の治療と並行して中医学を取り入れることも可能です。

    (西洋医学と中医学の長所を取り入れることができるため、

    当院でも併用をおすすめしております)

     

    また手作り食やホームケアについてのカウンセリング

    も行っております。

     

    お気軽にご相談ください。